恋愛

遠距離恋愛は別れやすい?長く続けるためのコツ12選

遠距離恋愛だからこそ仲良く手をつなぐカップル

遠距離恋愛は長くは続かない?継続させるにはコツがある

遠距離恋愛とは、双方が遠くに住んでいながらも付き合っていく恋愛の形。

遠距離といってもどの程度離れたら遠距離になるのか明確な定義はありませんが、一般的には片道にかかる時間を基準に考えられています。

恋人の住む場所までおよそ2時間以上かかるようならば遠距離と言えるでしょう。

片道2時間だとしても往復で4時間デートの度にかかっていては、ちょっとした日帰り旅行を繰り返すようなものなので、金銭的にも時間的にも負担がかかります。

そんな背景から会いたい時にすぐ会えない、週に何度も気楽に会えない、仕事帰りの平日会えないなどが重なり、遠距離恋愛中のカップルは分かれやすいのも事実です。

好きだからこそ会いたいのに、会えない寂しさが勝って喧嘩になってしまって別れてしまうのは勿体ないですよね。

そこで今回は、遠距離恋愛を長く続けさせるための少しのコツをご紹介。

基本的には思いやりと配慮の気持ちさえ忘れなければ遠距離恋愛でも上手く付き合って行く事は可能です。

しかし、恋愛中だからこそ視野が狭くなってしまい、ついつい相手の負担になってしまう人も少なくありません。

この記事では【連絡編】【デート編】【メンタル編】の他に遠距離恋愛中にやってはいけない【NG行動編】までを、コツと共にお教えします。

いま現在遠距離恋愛に悩んでいる人も、今後遠距離になる事が分かっており不安な人も、ぜひ参考にしてみて下さいね。

遠距離恋愛でも長く続けるためのコツ①【連絡編】

現代の遠距離恋愛中のカップルにおいて、スマホはまさに救世主です。

スマホの普及によって手軽に連絡が出来るので、遠距離でも彼を身近に感じられるようになりました。

しかし、心の赴くまま何も考えずに連絡を取り続けるのはやや危険。

遠距離恋愛だからこそ、双方が快く連絡を取り合えるためのコツを知っておきましょう。

手軽だけどしつこいのはNG!メールは頻度に注意

遠距離恋愛だと近場で暮らすカップル以上に連絡はとても大切なものに感じられます。

すぐに会えないけれども昔と違ってメールや電話など、スマートフォンの普及でとても身近な手段になりました。

しかし、手軽に連絡が取れることは遠距離恋愛中のカップルの強い味方にもなってくれますが、連絡頻度を一歩間違えるとわずらわしくも感じられる諸刃の剣でもあるのです。

好きだからこそ彼との連絡もひんぱんに取りたい女性も居るでしょうが、遠距離であるのには理由がある筈。

それぞれの夢や仕事を遂行するために遠距離である場合が多い事からも、本来の目的を妨げるようなことはあってはなりません。

遠距離恋愛だからこそしつこい連絡は別れにもつながる危険があるのです。

そのなかで遠距離恋愛中のカップルのベストの連絡頻度というのは、一概には言い切れません。

それは、連絡をこまめに出来る男性もいれば、もともと筆不精の男性もいて「1日何回までに納めれば絶対安心」といえるベストな回数には個人差が大きいからです。

では、何を基準に連絡頻度を調整すればよいかといえば、メールやLINEトークの頻度は彼のペースに合わせるのがまずは大切。

彼が1日数回返信をしてくれるのならば、あなたも同じ程度の文章量を同じ頻度で返しておけば間違いありません。

彼から何気ない挨拶メールがくるようならばあなたもたわいもない内容を含めてこまめに送っても嫌がられる可能性はないですし、反対に連絡がマメでない男性ならばあなたもシンプルな連絡を心がけておけば疎ましく思われる危険もありません。

間違っても一方的に何通も短文メールを送ったり、長々と長文を送り続けるのはやめましょう。

また、返事がないからと「なんで?」「既読無視するの?」などと、追い詰めるような発言も手軽だからこそついつい送りがちですが、それは最後の手段に取っておいてまずはグッとこらえることも重要です。

遠距離恋愛で不安だからこそ連絡したい気持ちも分かりますが、遠距離でも付き合っている事で双方が幸福を感じられるように、彼の都合や連絡頻度を考えて歩幅を合わせるようにしましょうね。

電話は拘束度が強いので、2人の負担にならない時間を事前に決めておく

次に、遠距離恋愛中メインの連絡ツールのひとつになる電話ですが、電話はメールやLINEトークよりもさらに注意が必要な連絡手段になります。

電話の方が相手の声を聞けて満足感は高まりますが、それと同時に相手の時間や肉体的拘束度合いもメールに比べて高く、遠距離恋愛中の電話こそ気遣いや思いやりが必要不可欠です。

そのため、普段の電話は事前にお互いが負担にならない曜日、時間、頻度などをしっかり話し合っておくのがおすすめですよ。

お互いの仕事休みの曜日を確認し、週に何度、もしくは月に何度電話をしたいのか、実際に現実的に出来るのはどのぐらいかなどを遠距離恋愛の初期の期間で話し合っておけば、後々のトラブルを回避しやすくなります。

「恋人なのにそんなに気をつかわないと電話できないのおかしくない?」と感じる女性も居るかもしれませんが、そもそもなぜ遠距離になっているのかを忘れないようにしましょう。

遠距離になってまでしたい何かがあるのですから、本来の目的を妨げてしまうことは遠距離恋愛のカップルにとっては最も別れのリスクが高まる理由。

お互いを尊重しながらも、そんな相手のことを好きで居続ける為にも、話し合ってお互いの意識をすり合わせて行く事は大切です。

もちろん、寂しくなったからと気楽に電話をかけてもいいですが、相手が電話に出れなかったとしても怒ったり拗ねてはいけません。

突然の電話は、出てくれたらラッキー程度にドーンとかまえておきましょう。

電話をかけるかけない、出る出ないで揉めてしまっては、好きだから電話がしたいと思っていた気持ちから本末転倒になってしまいます。

遠距離恋愛中だからこそ電話という便利なツールを活用し、2人の信頼関係を強める為に使って行くという意識を忘れないようにしましょう。

遠距離恋愛でも長く続けるためのコツ②【デート編】

遠距離恋愛中のデートはまさに貴重で幸せな瞬間。

ウキウキ浮かれてしまう気持ちも可愛らしくて素敵ですが、ついつい頑張りすぎてしまいがちな一面も。

そこで、遠距離恋愛中の彼とのデート時に気を付けたいポイントをご紹介します。

互いの負担にならない程度に、定期的にデートをしよう

遠距離恋愛中でも定期的なデートは必要ですよね。

しかし、遠距離であることはあなただけのせいでも、彼だけのせいでもないので、時間と金銭的負担は同じぐらいになる様にしましょう。

遠距離恋愛初期は男性側が頑張って会いに来てくれていたとしても、その期間やデートの回数が増えれば増える程彼にとっての負担がつもりと持って行くのは大変危険です。

初めの一回目のデートだけ彼に頑張ってもらったとしても、二回目以降は「あなたの負担ばかり増やしたくないから、デートの場所を変えよう」など提案するようにしましょう。

2人のちょうど真ん中にあるエリアをデート場所にすれば、2人とも知らない土地でのデートが出来るので新鮮な思い出を作る事が出来ます。

もしくは、交互にそれぞれの場所へ向かうようなルールを作り、前回は彼があなたの所に来てくれたなら次はあなたが彼の土地へ向かう、そんなデートも素敵ですね。

遠距離恋愛中のデートは近距離カップルのデート費用とはけた違いでお金がかかってきますので、男性がおごる文化は忘れて、あなたも相応の費用や時間を負うように提案して下さい。

彼だけの負担でなくなれば2か月に1度のデートだったのが、1か月に1回のデートになるかもしれません。

また、負担を分担すると同時に、どのぐらいの期間で定期的にデートが出来るかなども、仕事の状況、金銭的余裕も含めしっかり話し合っておきましょう。

限られた時間だからこそ楽しいデートを心がけよう

遠距離恋愛中のデートはとても貴重。

だからこそ、会っている貴重な時間を楽しいデートにしようとするのは当然の思いやりですよね。

しかし、あれもこれもと詰め込みすぎると楽しかった思い出よりも疲れた感想が先に来てしまいがち。

なにごとも程々がいいのは遠距離恋愛中のデートも同じで、疲れてしまいそうなデートは避けましょう。

特に、お互いの仕事の繁忙期などは貴重なデートであると同時に、貴重な休みの日でもあるのです。

せっかくのデートだから楽しみたい気持ちも可愛らしくて素敵ですが、日々の仕事で疲れた体でテーマパークで朝から晩まで遊んでしまっては、「また会いたい」と思うよりも先に「今日は疲れたな。明日も仕事か…」そんなネガティブな感想が出てしまいますよね。

そうならないためにも、季節や双方の事情などをしっかり鑑みて「最近は繁忙期で疲れてるみたいだから、ゆったり日帰り温泉でも行こうよ」春ならば「シートを持って公園でのんびりお弁当でも食べない?」など提案してみると、楽しくて疲れも取れる素敵な思い出の出来上がりです。

限られた時間内での貴重なデートだからこそ張り切りすぎることなく、その時々でちゃんと楽しいデートになるようプランを考えるのが、遠距離恋愛中の楽しいデートのコツですよ。

遠距離恋愛でも長く続けるためのコツ③【メンタル編】

遠距離恋愛のカップルにとって、メンタルコントロールは必須の試練と言っても過言ではありません。

2人でいる時間よりも1人で過ごす時間がはるかに多くなる遠距離恋愛なので、感情のコントロールができるコツをお教えしますね。

愛情表現はしっかりと行い、彼との信頼を築く事を大切にする

「好き」「愛してる」など、付き合っている内に口に出さなくなっていくカップルも多いですよね。

しかし、遠距離恋愛中のカップルは言葉での意思表示は大変重要。

付き合っているのだから好きなのは当たり前とは思わず、きちんと言葉に出して愛情を伝えるように意識しましょう。

言葉にして伝えるのは愛情のみならず、「ありがとう」「ごめんね」など人として当たり前だけれども、親しくなると忘れがちな思いやりの部分も同様です。

「遠距離なんだから無理して当然」なことはひとつも無く、彼が頑張ってくれた時には感謝の気持ちを伝えましょう。

遠距離恋愛中のカップルは信頼関係の強さこそが、2人の今後に影響します。

信頼関係は目に見えて手に取れるような形があるものではないからこそ、意識して口に出して築き上げて行く事が大切なのです。

しかし、女性は自然と言葉にするのが上手な人もいますが、特に男性は言葉足らずで不安にさせたり喧嘩のきっかけになることも少なくありませんよね。

そんなときは我慢せず彼にもきちんと伝えましょう。

「遠距離で中々会えないからこそ、もっと言葉にしてくれたら嬉しいな」と伝えてみましょう。

もしもこの程度のお願いでも不機嫌になるような彼氏の場合、もはや遠距離だろうが近距離だろうが後々小さなことでぶつかって別れる可能性が高いので、受け入れて貰えなくても気にせずOK。

遠距離恋愛中だからこそ相手への愛情表現、思いやり、気遣いはしっかり意識して信頼関係を継続させていきましょう。

ひとりの時間を楽しむ努力をして、彼の時間も同じように尊重する

近距離にいるカップルが毎週末にデートを楽しんでいるとしたら、遠距離恋愛中のカップルは次のデートに備えて1人の時間を満喫しましょう。

好きだからこそ沢山会いたい気持ちはありますが、現実問題的に遠距離である今その願いが叶わないのならば、今できる楽しみ方を見つけておく方が得策。

「彼氏が遠くに居て会えない」事実は、見方を変えれば「自分だけの時間が普通のカップルよりも多くある」ということでもあります。

元々趣味がある人は趣味に没頭してもいいですし、やりたいことがない場合は、彼氏との次のデートに備えて自分磨きにいそしむのも素敵ですね。

何でもいいのであなたの心に満足感を与えてくれる、そんな1人の時間を満喫しましょう。

また、会えない時間をあなたが楽しむように、彼の1人の時間も同じように尊重してあげましょう。

「え?時間会ったなら電話してよ」などちょっとしたことで不満に感じる場面もあるかもしれませんが、彼も1人の時間を大切にする権利はあります。

遠距離だからこそ分からない面もありますが、会えない時間をそれぞれが楽しんでいるカップルは長く続きやすいです。

会いたくてもどうせ会えない、分かろうとしても全部は分からないのであれば、悩む時間は勿体ないので、何か別の楽しい事を始めてみるのがおすすめですよ。

結婚や仕事について、将来にむけた意見交換をしっかり交わす

遠距離恋愛中最も避けたい、危険因子になるきっかけは不安と寂しさです。

では、なぜ不安で寂しい気持ちになってしまうかと言うと、近くにおらず会いたい時に会えないからでしょうか?

答えはNOです。

どんなに近くにいて同棲しているカップルでも、不安になる人は居ますよね。

不安になってしまう大きな原因は、不透明な未来に抱く不安です。

「この先もずっと一緒に居られるのかな」「この人は結婚する気があるのかな」「私のこと好きなのかな」など、何かしら自信がないからこそ未来に不安を抱き、寂しさを覚えていくのです。

そして、この漠然とした不安は自分だけの努力では解決できません。

恋人との未来は1人の問題ではなく、当事者である2人にしか解決できないので、意思を伝え話し合わない限り不安を解消するゴールはありません。

その中で、特に不安や寂しさを覚えやすい環境でもある遠距離恋愛中のカップルは、意識的に不安要素をのぞいていくことが重要です。

今後の仕事のこと、結婚願望の有無等を含む、将来のビジョンをある程度でも話し合っておきましょう。

付き合っている期間に結婚や将来の話をすることに抵抗がある人もいますが、1人でモヤモヤを抱えながら恋愛を続けて行く方が精神衛生上よくありません。

特に結婚願望があって20代後半以降の女性にとっては人生の方向性を決める大切な時期。

躊躇せずに自分で将来を切り拓き、不安よりも自信を持って生きていける人生を見極める為にも、遠距離恋愛中でもしっかり将来に向けた意見交換を交わすのがおすすめですよ。

遠距離恋愛でも長く続けるためのコツ④【やってはいけないNG行動編】

遠距離恋愛は近距離恋愛よりも継続が難しい場面が多いため、やってはいけないNG行動も少なくありません。

近距離カップルならば何も考えなくていい時期も、遠距離恋愛中は配慮が必要。

思わずカッとなって行動してしまう前に、彼との付き合いを続ける為にもNG行動を知っておくことが、長く続けるコツに繋がっていくのです。

イベントシーズンだからと無理しない

遠距離恋愛中でもクリスマスやバレンタインなど、イベントシーズンにはデートをしたいと思いますよね。

しかし、誕生日や記念日など個人的なイベントとは異なり、全国的にもカップルがデートをしたがる時期に会うのは一苦労。

ただでさえ遠距離のところに、繁忙期価格で交通費は値上がりしチケットも取りづらくなり、宿やデートスポットもカップルで賑わい、ただ会ってデートをしたいだけなのに普段より時間も労力もかかりがちなのです。

カップルで賑わうシーズンだからこそ自分たちもという気持ちは分かりますが、都合がつかなかったり段取りがスムーズにいかない時は無理をしないのが鉄則です。

努力してやっと会える喜びも当然ありますが、デートの後に疲労感が残る可能性がイベントシーズンは高いのです。

また、女性よりも男性の方がイベントに興味がない場合も多く、女性側の「クリスマスデートをしたい」願望を叶えてあげたとしても、実際の本人はクリスマスに興味がない人もいます。

そうなってしまうと男性側は「彼女のワガママを頑張って叶えられたけれど、とても疲れたな」という、小さなしこりが生まれる危険性も。

遠距離恋愛中にとってモヤモヤは出来る限り除去しておくべきなので、以上の点からも世間に流されイベントシーズンに踊らされず、2人のペースでデートを重ねることが重要なのです。

過度な期待はケンカの原因になるので、期待を膨らませすぎない

遠距離恋愛中にかぎりませんが、過度な期待を他人に寄せるとロクなことはありません。

そのなかで、遠距離恋愛中は合えない時間が勝手に期待値を膨らませてしまうので、知らず知らずのうちに期待しすぎる傾向があります。

「久しぶりに会うからきっと彼も喜んでくれるだろう」「この前話したことを覚えていて、次回はきっとプレゼントをくれるだろう」「彼もきっとデートを楽しみにしているはず」などなど。

ワクワクする感情はとても素敵ですが、それを彼に押し付けてはいけません。

彼も同じように楽しみにしていても、前日までの仕事が忙しかったり、デートの時間をつくるために無理を重ねて疲れが出ている可能性もあります。

そうなると「あれ?思っていたよりも楽しんでない?なんでせっかくのデートなのに疲れた顔してるわけ?」と、期待していた分裏切られたような気持ちになってしまいます。

もともと変な期待をしていなければ余裕が生まれ「なんか疲れてる?大丈夫?」と、優しい対応も出来るでしょう。

好きだからこそたまのデートに期待してしまう部分もありますが、あまりにもワクワクしすぎていたり、彼に押し付けてしまう事が無いように注意しましょうね。

「浮気してるのでは…」確信がないことを想像してモヤモヤするのはやめる

会えない時間に期待を膨らませてしまうのと同様に、会えないことでありもしない想像をしてしまう女性も居ます。

代表的なところだと「浮気してるのではないか」「もう好きじゃないのではないか」など、ネガティブな妄想です。

なかには、実際に彼氏が裏切っているケースもあるかもしれませんが、それは確信が持てる証拠が出てきてからしかるべき対応をすればいいだけのこと。

証拠も出ていないし事実確認ができない状況であれこれと考えていると、悪い妄想ばかりが浮かんでしまいます。

また、「浮気してないよね?」「私のことちゃんと好きだよね」と確認したいあまり、普段は適度な頻度が保てていた連絡ペースに乱れが生じたり、今までは上手く付き合えていた関係にひずみが生まれる危険も。

もしもそのようなことになったら彼氏に何も非が無かった場合、自分のネガティブな妄想がきっかけで別れを迎えてしまうのはあまりにも勿体ないですよね。

悪い妄想が止まらない時には、ひとりの時間を堪能できる別のことに没頭したり、素直に「遠距離だから浮気の心配をついしてしまうけど、あなたのことを私は信じてる」意思を伝えたり、モヤモヤは早い段階で解消させましょう。

それに、どんなに心配して抑制しても浮気する男性は近距離だろうが遠距離だろうが、する人はします。

万が一浮気をされたとしても、その男性は今後も浮気をする確率が高い男性なので、むしろ遠距離恋愛になったことで彼の本性があぶり出されてそれはそれでラッキーぐらいの、大きな気持ちで構えて大丈夫。

それでも彼出ないとダメならば、浮気を数回した程度で別れることなく、浮気する彼の人間性事愛する気持ちで付き合いましょう。

以上の様に考えれば、遠距離恋愛中に浮気をされたところでどうにもなりませんし、証拠がない時点で悩むのも早計です。

せっかくですから、美味しい物でも食べて会えない時間を楽しむことに使ってくださいね。

「いつかプロポーズしてくれるかも…」そのいつかは無いものとして考える

遠距離恋愛中のカップルにとって、信頼関係が最も重要です。

この信頼関係の中には、恋人としての愛情のほかにも、ひとりの人間としての尊重なども含まれます。

結婚願望がある場合、遠距離恋愛を経て今の彼との結婚を望んでいる人も少なくありませんが、ひとりよがりの願望はNG。

彼と将来の話を交わし「何年後には仕事がこうなるので、ここに住んで、その時期を目安に結婚しよう」など具体的なビジョンを共有できていれば全く問題はありません。

しかし、そうではなくただ漠然と「何年か後にはこっちに戻ってくるだろうから、その時同棲して結婚の流れになるといいな」と希望を抱くのは止めましょう。

また、似たところで彼からの「いつか結婚しよう」の、いつかに希望を持つのも同様に止めておくのがおすすめ。

有言実行できる男性も当然いますが、ミライトは万人にとって不確かであり、所詮は口約束であることを忘れてはいけません。

遠距離恋愛中はわずかな希望に思いすがりたくなってしまいがちですが、願望が叶わなかったときのダメージは非常に大きいです。

「このまま付き合って結婚出来たらすればいいし、結婚しなくても彼との付き合いは楽しいからいいや」と思っておきましょう。

そうでなければ、結婚願望のある女性にとって遠距離恋愛はハイリスクな付き合いだからです。

ある程度割り切れなければ後悔と恨みを生む原因になりかねず、心の傷として数年引きづってしまうこともあるのです。

そうならないように、結婚についてきちんと話し合える関係でいることがとても重要。

もしも、あなたが真剣に話しているのに結婚についてうやむやにされた場合は、改めてこのまま彼と付き合い続けるのかどうか将来のことを含め考える必要があるでしょう。

我慢しすぎず、まずは自分を大切にする

遠距離恋愛中はなかなか会えないからこそ、我慢を重ねたり無理をしてしまう場面も多いでしょう。

本当は今すぐ会いたいけれど我慢したり、声が聞きたいけれど電話を我慢したり、仕事が忙しい中無理やり休みを取って彼のところへ出向いたり。

もちろん、多少の頑張りは遠距離にかぎらず恋愛では必要です。

しかし、遠距離恋愛中は知らず知らずのうちに小さな我慢を重ねすぎてしまう傾向があります。

双方が相手を思いやって同じぐらい歩み寄れる頑張りであれば、全く問題はありません。

しかし、彼と付き合い続ける為にあなただけが無理をしている場合は要注意。

これは、背伸びは短時間だけならば可能ですが、背伸びの姿勢をこの先何十年も続けることは不可能なのと同じです。

繁忙期は同じ時期のはずなのに、あなただけが無理して休みを取り続けなければならなかったり、いつもいつも我慢を強いられるようなことは無いようにしましょう。

あなたの我慢で成り立つ恋愛は、恋ではあるけどそこに愛はありません。

恋愛中の頑張りとは歩み寄りであって、一方だけが頑張り続けることではないのです。

近距離恋愛にもこのことは当て嵌まりますが、遠距離恋愛中だと頑張ることが当たり前な部分があり、頑張りすぎている事に気づけない人もいます。

彼のことを気づかう気持ちも大切ですが、あなたも同じように気づかわれるべき大切な存在なのです。

まずは自分自身が健やかに過ごせているかを優先し、遠距離恋愛に振り回されすぎない様に注意しましょう。

遠距離恋愛を続けるコツを知って、2人の真の相性を推し測ろう

遠距離恋愛にかぎらず全てのカップルに言える事ですが、付き合っている事でモヤモヤ不安になったり我慢して自分を押し殺している様な付き合いは長くは続きません。

近距離カップルだとうやむやになりやすい部分でも、遠距離恋愛中は互いの信頼度や人間的配慮、思いやりなどが如実にあらわれます。

今回お伝えした遠距離恋愛を続ける為のコツをベースに、彼と話し合いを重ねてみて下さい。

相手を思いやった話し合いをしても、なんだか自分ばかりが我慢してるような気がすると、モヤモヤするような恋愛ならばたとえ近距離で付き合っていても遅かれ早かれ別れる確率が高いでしょう。

ドキドキワクワクした気持ちも恋愛には大切ですが、その先の結婚を見据えたお付き合いをしているのならば、なおさらです。

モヤモヤ不安にさせてくる相手とは仮に結婚できたとしても、モヤモヤ不安を抱えた結婚生活が始まるだけ。

そうならないためにも、お付き合い期間と言うのはある意味で人間的相性をはかるリトマス試験期間でもあるのです。

遠距離恋愛はモヤモヤしやすい付き合い方だからこそ、彼とあなたの真髄が試されます。

いくらコツを駆使しても上手く行かない様ならば、スッパリ諦めて身近な男性との出会いを探す決断を下すこともあるかもしれません。

反対に、今回ご紹介したコツをもとに、双方が良い関係を気付いていけるのならばこの先同じ空間で過ごしていても、良い距離感で過ごせるか話し合いできちんと解決できるということ。

好きな気持ちだけではなく、遠距離恋愛だからこそ2人の未来にとって幸せな選択が出来るように、お互い思いやって相手のことを考えていけると素敵ですね。

-恋愛

Copyright© Wonderlyfe , 2020 All Rights Reserved.