恋愛

【気になる人への連絡方法】頻度、内容、音信不通への対処法など

気になる彼への連絡をコーヒー飲みながら考える女性

気になる人への連絡ってどうしたらいいの?適切な頻度は?内容は?

付き合っているわけではないけれど、ちょっといいなと気になる人ができた経験のある女性は多いでしょう。

気になる人がいると、それだけでいつもの職場がウキウキしたものになったり、メイクやファッションにも気をつかったり。

そのなかでも特にテンションが上がるのが、気になる人からのLINEやメール。

彼からの着信マークが出ただけでドキドキして、早く読みたいようなゆっくり読みたいような不思議な気持ちになるものです。

しかし、そんな気になる人との連絡だからこそ、モヤモヤしたり悩む場面も多いでしょう。

そこで今回は、気になる人とやり取りする中での悩みについてお教えします。

【連絡を取る頻度編】【メッセージ内容編】【これって脈なし?編】から、最後には【音信不通にされてしまった時の対処法】まで。

ハッピーなことばかりが続けばよいですが、ウキウキしているからこそ自分でも気づかずに行ってしまう落とし穴があるのも事実。

今現在気になる人がいる女性も、いつも片思いが上手くいかずに悩んでいる女性も是非参考にして下さいね。

気になる人への連絡方法【連絡を取る頻度編】

メールやLINEは手軽で便利な反面、どの程度の頻度で送っていいものか気になりますよね。

友達や家族なら何も考えず送り合えますが、異性として気になる相手ならば別問題。

沢山送っても「しつこくて嫌われないかな…?」間隔を空けても「返信遅くて嫌われないかな…?」など、遅くても早くても判断が難しいところです。

連絡を取る頻度に絶対回数はなく、これは送る相手の性格や傾向によって変えるのがベストであり、その為には見極めが不可欠。

そこでまずは、気になる人の性格別おすすめ連絡頻度2パターンについてお教えします。

①毎日送っても大丈夫そうな男性はこんなタイプ

気になる人の姿を思い返してみて、相手にこんな特徴があれば毎日連絡を取っても大丈夫な可能性が高いでしょう。

  • 彼からの返信も数時間から1日以内と比較的早い
  • 人付き合いがよく、フットワークが軽い性格
  • SNSなどをマメに更新するタイプ
  • グループLINEではみんなのメッセージにいち早くこまめに返信をする
  • 仕事や学業が安定している
  • 食事中にスマホなどを机の上に置くタイプ

気になる人がスマホでの連絡にマメな性格で、仕事や学校など環境の変化を最近しておらず生活リズムが安定しているようならば、多めに連絡を送っても大丈夫な可能性あり。

まず大前提として環境に変化がないことは性格とは別に非常に重要なポイント。

どんな性格の人でも、新しい仕事や慣れない環境での生活は心に余裕がないため、連絡が来ると億劫に感じられる危険があるからです。

この場合、気になる人が環境に慣れ安定して1日のスケジュールが読めるようになるまで、少しの間連絡は控えた方が無難でしょう。

環境が安定した上で、上記の性格パターンに当てはまるようならば連絡頻度が多くてもそこまで心配しなくても大丈夫。

要は彼のライフスタイルの中にスマホを通したコミュニケーションが馴染んでいれば、男性本人も連絡頻度など細かい所は気にならない可能性が高いということ。

これは食事中の彼のスマホの位置を意識してみるのがおすすめ。

食事中のスマホの位置は人によってバラバラであり、なかでもこの机の上に置いていつでも見れるようにする男性は連絡に気づく機会も多いので、必然的に返信もマメな可能性が高まります。

だからといって1日に100通のメッセージを送るなどはもちろんNGですよ。

恋人関係ではないのならば、連絡頻度はLINEならば1日1~3ラリーぐらいから様子を見るのがいいでしょう。

また、上記タイプの男性はコミュニケーションを色々な人と多く取れる反面、友達や属しているコミュニティ数もやはり多いもの。

そのため連絡が多いことで嫌われる可能性は低いですが、あなたへの返信を忘れたりメッセージが流されてしまう危険は考慮しておきましょう。

②適度に間隔をあけながら連絡を取る方がいい男性のタイプ

前項とは反対に、連絡頻度は程々にした方が良い男性のタイプはこんな傾向があります。

  • 彼からの返信が不定期で、2~3回送ってやっと一言返信が来るレベル
  • 細かいことが苦手で、サッパリした性格
  • SNSやLINEなどに疎いor登録したのもかなり遅かったタイプ
  • グループLINE内での返信が遅いorほぼない
  • 仕事や学業で忙しくなりやすい
  • 食事中のみならず普段からスマホをチェックしている姿を見かけない

普段からスマホをあまり見てなかったり、LINEをコミュニケーションツールとしてではなく連絡用と捉えているような男性への連絡頻度には注意しましょう。

場合によっては「また連絡来た…。面倒くさいな」と思われかねず、実る恋も実りにくくなってしまうのでよく見極めて細心の注意を払いましょう。

このタイプの男性は今目の前で起きている事や実感している瞬間に重きを置くので、スマホなどを通してのコミュニケーションよりも繰り返し顔を合わせる方が効果的なアプローチですよ。

また、純粋に仕事や学業が常に忙しい男性であれば、物理的にマメな連絡を取ることは不可能なのでそのあたりも察して、彼の負担にならない日時や頻度を心がけましょう。

また、くだらない雑談や返信しにくいメッセージだとさらに疎ましがられる危険が出て来るので、上記タイプの様な男性への連絡はなるべく要点を絞った意味のあるものを送るのがおすすめですよ。

気になる人への連絡方法【メッセージ内容編】

気になる人の連絡傾向をある程度推測し終わったら、次はメッセージ内容です。

最近ではメールや電話のみならずLINEトークでのやり取りや、SNSでのダイレクトメールなど色々な方法で気軽に連絡が送れるようになりました。

しかし、だからこそ一言一句なんて送ればいいのか、この書き方で変に思われないかなど、気になる人へのメッセージも頭を悩ませますよね。

そこで次に、気になる人へ送るときにおすすめのメッセージ内容と避けた方が良い注意点をお教えします。

メッセージの終わりは自分から終わらせる

気になる人とのLINEだと、ついついマメな頻度で返信したくなりますよね。

夜眠る前にお布団の中で、彼とたわいもないやり取りをポンポン行うのは、付き合う前だからこその醍醐味なので「もう寝るねオヤスミ」と言えず、ずっとLINEを楽しみたくなってしまいます。

しかし、気になる相手だからこそ、出来る限りあなたからメッセージを終わらせるのが無難。

これには2つの効果的心理テクニックが隠されています。

ひとつは、彼に「あれ?もう返信無いのかな?」と思わせること。

これは、男性は狩りをして生き延びてきたことから狩猟本能が女性よりも高い傾向がある為、追いすぎて嫌われる可能性はあっても追わない事で嫌われる可能性は低いので、彼の本能がどちらが優位か分からなくても無難なのが女性から返信を止める事だからです。

ふたつ目は、人間の脳は心理的に「してもらった事」よりも「してもらえなかった事」の方が印象に残りやすいので、あえて返信を「しない」行動をとり、彼の心に余韻を残すようにします。

そんなことして彼に不快な思いをさせないか心配になるかもしれませんが、返信がちょっと止まったぐらいで不快になるような男性である一面が知れるのならば、それはそれで女性にとってはメリットとも言えます。

また、片思い中にありがちな「今夜も連絡取りたいけど、ちょっとしつこいかな…」という悩みも、自分からメッセージを終わらせていれば立て続けにならず、再度メッセージが送りやすい効果もあるのです。

基本的に長文は控えて、短文とテンポを意識するor長文好きには長文で返す

特にアラサー以降に顕著に見られがちなのが、気になる人に送るからこそ頑張って長文の内容を送ってしまうケース。

長く熱い文章に心を打ってくれる男性も一部いますが、大半はそうではないため控えるのが無難でしょう。

男同士のメッセージなど機会があれば覗いて欲しいですが、サクサクと短いやり取りを重ねているのが分かります。

男性は基本的には短文のLINEを好みますので、彼の傾向が分からⅡのであればひとまずは短めの内容量を意識しましょう。

ただ、稀なパターンですが彼自身が長文メッセージを好むタイプであれば、別です。

同じように長文の内容で返してあげると、彼も喜んでくれるでしょう。

ポイントは相手に合わせた内容量を意識することです。

多くの男性がやりがちな短文メッセージで様子をみつつ、彼のメッセージ数の傾向を掴みましょう。

その後は彼の内容量に合わせて、同程度の量で返していくのがおすすめですよ。

連絡がマメじゃない人へは、意味のない雑談などは控える

前述の【連絡を取る頻度編】内でのスマホを日常的に触らないタイプの男性へのメッセージ内容は、特によく考えましょう。

何も考えずに「おはよー!今日も会社だるいよ~」や「うちの犬可愛いでしょう!?」など犬の写真付きで雑談中の雑談を送り続けると、高確率で避けられ始めてしまいます。

連絡がマメじゃない人やスマホをあまりいじらない人にとっては、雑談LINEは作業であり苦痛にもなり得るのです。

出来れば「今度ご飯行きたいんだけど、何日と何日のどちらか空いてる?」など、要点を絞った明確かつ分かりやすいメッセージの方が好まれますが、業務連絡でもない限りすぐにやり取りは終わってしまいますよね。

そこで、雑談度は低くしつつもきちんと意味のあるメッセージを送るのが大切。

「仕事しんどいから飲みに行きたいんだけど、どう?」と軽い提案から入り、やり取りが終わった最後のメッセージで「じゃあ何日の何時よろしくね!お礼にうちの犬の写真送ります。またね~」と、冗談っぽく雑談を入れます。

最後に軽く雑談要素を入れるのには2点メリットがあり、男性側が深追いしたくなければ触れないままでも話は完結しますし、余裕があれば話題に触れて再びラリーを続ける為の火種にもなり得るということ。

どちらにせよ嫌われるリスクを最小限にとどめつつ、上手く行けばもう少し長く気になる人とのやり取りを続けられるので、筆不精の男性にメッセージをするならばおすすめの小技ですよ。

愚痴や返信しにくい内容ではなく、明るい話題+簡単な質問がおすすめ

女友達同士絵は盛り上がりやすい愚痴や悪口も、気になる男性へのメッセージにはご法度です。

愚痴を聞くのが趣味な男性ならばいいですが、仕事や学業で疲れている所にそこまで親しくない女性の愚痴を聞くのは大抵の男性からすると重荷ですよね。

そのため、気になる人へのメッセージは比較的明るい話題を意識することと、簡単な質問をひとつ挟むのがおすすめですよ。

例えば「最近お肉が食べたいんだけど、おすすめのお店ってある?」「名刺ケース買い替えたいんだけど、〇〇君が使ってるのってどこの?」など、聞かれた側が悩まずに応えられるような簡単な質問です。

質問を挟むことで会話を続けさせるのは常套テクニックですが、質問自体がややこしいものだとそれに回答するのがおっくうになってしまうので、ただやみくもに質問すればいいわけではありません。

また、上記の様な彼の知識や所有物に絡めた質問の場合はさらにメリットもあり、会話の流れによっては「じゃあ、一緒に行ってみる?」と誘われるか、こちらから「もしよかったら一緒に来てくれない?」とお願いしやすいので、デートに繋げられる可能性もあります。

気になる人への連絡方法【これって脈なし?編】

気になる人と連絡を取る中で、避けて通れないのが「脈なしなのかな…」と不安になること。

返事が何となく素っ気ない、返信頻度が少ない、会話が続かない…などちょっとしたことでモヤモヤしてしまいますよね。

しかし、実際はあなたが考えるよりも単純で、嫌いだから返信が遅いとは限らないのです。

ここでは「脈なしかな?」と女性が感じやすいものの、実際は違う理由が男性側に隠されているケースをご紹介します。

LINEやメールの返信頻度が”多い=好き””遅い=興味ない”とは限らない

気になる人からの返信が早いと「もしかしたら彼も私の事好きなのかも!」と舞い上がりますよね。

もちろん、その通りな事もありますが一概には言い切れません。

これも個々人の性格による所が大きく「好きな子のLINEは早く返信して、テンポよく沢山やり取りがしたい!」派と、「好きだからこそ丁寧に内容を考えながらゆっくり返信したい。内容量より質」派の男性でバッサリ別れるのです。

仮に気になる相手が後者タイプの場合は返信頻度が早ければ早いほど、恋愛対象として意識されてないと言うこと。

返信が多い=好きだとばかり思っていたら、実際は真逆だったなんてことも男女間では珍しくはないのです。

単純にLINEの返信のみでは好意を量ることは出来ないので、大前提として返信速度や頻度のみで判断はしないようにしましょう。

本人に余裕が無くて返信できないこともある

返したくても返信できない状況としては、仕事関係が多く挙げられます。

急なトラブル対応で連日徹夜続きだったり、家に帰っても気絶するように寝てしまいスマホの充電をする暇もなかったり。

仕事で忙しい時に「何で返事くれないの?」と、問い詰められるとどんなに好きな相手でも幻滅してしまいますよね。

仕事が多忙な彼ならば、ひと段落するまで静かに待つのが賢明でしょう。

また、季節の変わり目など特にひとり暮らしの男性の場合、風邪を患ってしまいスマホにも触れない場合があります。

体調が悪く、返信する余裕がないのです。

もしくは、ケガをしてしまい色々な準備で連絡が遅れていたり。

この場合は数日待てば連絡が来るはずなので、少し様子を見てみると良いでしょう。

物理的にスマホが使えず、連絡が来ている事に気づけていない

例えば、スマホが水没し故障してしまったり、スマホを無くしてしまったり。

返信したくても連絡手段のツールを使えないため、音信不通になってしまう場合もあります。

そんな時は、共通の友達にそれとなく確認してみたり、SNSの更新有無などを先にチェックしてみましょう。

また、トラブル的な故障とは違い、本人の意思で意図的にスマホの電源を切っていることもあります。

男性のなかには、誰とも話さずひとり落ち着いた時間を過ごしたい人もいるからです。

その間はスマホにも触らずパソコンも切った状態のため、もちろん連絡には気づかないし取ろうともしません。

好意の有無など関係なく、彼が大切にしている時間なので彼の気持ちを尊重し、連絡が来るまで待ってあげると良いでしょう。

気になる人への連絡方法【音信不通にされてしまった時の対処編】

気になる人との連絡の中で一番恐れている音信不通についてです。

突然返事が無かったりすると「気に障る事を言ってしまったかな…」「嫌われたかな」など、考えれば考える程悪い思いがめぐりマイナス思考になった経験をした女性は多いでしょう。

先に伝えておくと、恋人でもない男性から突然音信不通にされた場合は、残念ながら脈なしの可能性が高いです。

それでも、連絡が来るのを待って何もしないでいるのは精神衛生上よくないので、後悔が無いようにやれることはやっておきましょう。

そこで最後は、気になる人が音信不通になってしまった時の対処法についてお教えします。

感情的にならず、まずは様子を見る

「何で既読スルーなの?私何か起こらせるようなことしたかな?」「返事まだ?」など、聞きたい気持ちは一度おさえましょう。

不安になりすぎてメッセージを送ったもののやっぱりしつこいかなと、メッセージを取り消しても取り消した履歴が残るのでこれも絶対にダメですよ。

感情的になる気持ちも分かりますが、一度送ってしまうと場合によっては男性の心はますます離れ状況はさらに泥沼化します。

特に、前項であげた理由により返したくても返せない場合にしつこく催促してしまうと不必要に嫌われかねません。

気持ち的な理由だとしても、人は追われると逃げたくなるもの。

今後彼との関係を良好に保ちたいならば、やはり早計に追いかけるのは逆効果です。

まずは、彼のSNSをチェックしたり友達に確認したり、周りから探ってみて1週間ほどは何もせず待つのが賢明でしょう。

7日以上経ったら1度だけ簡単に連絡を入れてみる

しばらく待ってみても返信が無ければ、1度だけあなたから連絡を取ってみましょう。

この時も思いやりのある優しい文面を心がけ「大丈夫?何かあったのかと心配しています」など、気づかいを見せておきましょう。

7日も音信不通の時点で不安な気持ちもありますが、脈なしだとしても人は何処で繋がっているか分からないため、まずは丁寧な文章にしておくのが無難ですよ。

不快な気持ちを伝えようと思ったら、後からいくらでも伝えられますからね。

仕事や趣味に打ち込んで一旦彼のことは忘れるのもアリ

「返信まだかな」「もしかしたら返事来るかも」と、ソワソワしながらスマホを何度もチェックして新着ゼロの画面にガッカリすることを1日で繰り返していませんか?

気にしすぎは短い時間でも長く感じてしまい、余計にストレスになってしまいます。

そんな時は、一度すっかり忘れて別のことに没頭するのもおすすめの対処法ですよ。

仕事に打ち込んでみたりジムに行ったり、今まで先延ばしにしていた部屋の掃除など、終わった後心身のどちらかがスッキリできそうなものが特に良いでしょう。

そうしている間に、彼からの返信がいつの間にか来ていることもありますし、気持ちがスッキリする事で別の一歩を踏み出す気にもなるかもしれません。

一旦何かに没頭して、心に小休止を与えてみるのはどちらの場合でも良い事しかないので、特におすすめの対処法ですよ。

どうしても文句を言いたい時は、決別を覚悟した時のみにしよう

優しくうかがっても尚、音信不通のようならば片思いに終止符を打つのも良いでしょう。

ただし文句を言う場合は「二度とかかわらない!」ぐらいの強い覚悟が必要なので、迷うようならばおすすめできません。

また、仕事が絡む相手や友達同士が繋がっている場合は、さらにおすすめできません。

後々うわさが広がりあなたの評判を下げるものとなって帰ってくるケースもあり得るので、どうしても言いたい場合はよくよく考えてから行いましょう。

それでも、言いたいことを言って相手が読もうと未読だろうと関係なく、あなた自身がスッキリし次へのステップに必要ならば送ってしまいましょう。

どうせもう音信不通なのですから、正直な気持ちを伝えてあなたの方から中途半端な状況に終止符を打ってみるのも選択肢のひとつです。

他にも気になる人を見つける

音信不通の状態にヤキモキするエネルギーを、いっそ別の男性に向けてみるのも実はおすすめ。

ちょっとズルく思われる女性も居るかもしれませんが、気になる人は付き合っているわけではないので、別に何人いたってよいのです。

新たな出会いを探しに飲み会に参加してみたり、恋愛対象じゃなくても男友達に相談してみるのもいいですね。

彼以外の男性と積極的に接することで、だんだん気持ちが吹っ切れてくる場合もありますよ。

運良く次の恋が見つけられれば、音信不通だった彼のことなんか一瞬で忘れてしまうことも珍しくありません。

気になる人との連絡には、見極める力が必要不可欠

LINEにしろメールにしろ、気になる人との返信頻度も返信内容も特に問題なく、楽しくやり取りしているとしても注意は必要です。

気になる彼が気遣い屋さんならば、やめるにやめられないループに陥ってる事もあるからです。

嫌いなわけじゃないんだけど、自分から止められず義務に感じてしまい段々億劫になってくるタイプの男性も居ます。

こうなってしまっては好き嫌い以前に彼から面倒なイメージを持たれてしまうため、前述したようにたまにはあなたからLINEを止めるなど緩急を入れて様子を見るのも大切。

一言で気になる人との連絡と言っても、実際には男性ごとの性格や環境の違いなどにより、ベストな方法は若干変わってきます。

そのなかで共通して大切なのが、相手のことを考えて見極め察する力です。

気になる人がいるとついウキウキと舞い上がる気持ちも分かりますが、気になる相手だからこそ誰よりも真剣に見極めなければなりません。

見極めようとすることで、相手の立場や状況に想いを馳せ、彼の負担にならない最善の選択が取れるのでよく観察し想像することが重要です。

今回お伝えした気になる人との連絡方法や対処法を参考に、あなたと彼にとって心地よいやり取りを探してみて下さいね。

-恋愛

Copyright© Wonderlyfe , 2020 All Rights Reserved.