恋愛

彼氏ができない理由とは?特徴から改善方法まで徹底解説

一人寂しく岩の上に立つ女性

彼氏が欲しいのにできないのには理由がある?

彼氏がいることが絶対の幸せではないものの、やっぱりいないよりは彼氏がいた方が楽しい部分もあるのは事実です。

彼氏を欲しいと思ってなければ問題ありませんが、彼氏は欲しいのに何故かできない場合は、何かしらの原因があるはずです。

そこでこの記事では、彼氏がほしいと思っているのにできない女性について徹底解説。

【男性から敬遠される女性の特徴】から【彼氏ができない女性の特徴】最後は【彼氏を作るための改善方法】まで。

「なんで自分には彼氏ができないのだろう?」と不思議に思ってる女性から、可愛いのに彼氏が何故かできない友達がいる人まで、照らし合わせながら読んでみて下さいね。

彼氏が欲しいのにできない…【男性から敬遠される特徴編】

否定的な発言や愚痴が多い

愚痴が多い女性は同性からも敬遠されがちですが、異性からすると尚更好まれません。

愚痴を吐きたい時ももちろんありますが、異性の前では程ほどに抑えましょう。

また、どんな話をしても否定的な女性も男性からすると可愛げなく感じてしまいます。

特に男性は男としてのプライドもあり、女性からの称賛はとても嬉しいのです。

それが全くなく正論を振りかざされたり、否定され続けると「次もまた会いたいな」とはなかなか思えません。

男性と話すときには愚痴は抑え、なるべく彼の意見を尊重してあげるといいですよ。

なんとなく老けてるor若作りしすぎ

清潔感は大抵の女性なら気を付けてることでしょう。

しかし、特に30代以降はケアをしなければ髪の毛や爪先は如実に年齢があらわれ、なんとなく野望ったい印象を与えてしまいます。

男性は女性の細かい部分はほとんど気付かないし見ていませんが、髪や爪先は目につきやすく「よく分からないけどなんか老けてる」印象を与えがち。

また、反対に若く見られようと若作りしてる女性も男性からは好まれません。

若い女性の方がモテるという概念から頑張る人もいますが、年上女性の大人っぽさが好きという男性はとても多いです。

せっかく年を重ねてきたのですから、無理な若作りはせず素敵な大人女性である方が、彼氏ができる可能性も広がりますよ。

サバサバではなく性格が悪そうに見える

男友達は多いけど彼氏はできない女性のなかに、いわゆるサバサバ系女子がいます。

サバサバ自体は悪いことではありませんが、度を越えると女性らしさを失い、男性からは恋愛対象として認識できなくなってしまいます。

やたら毒舌だったりサバサバ系だからとだらしない格好をしたり、男性に混じって親父みたいに下ネタトークを繰り広げたり。

友達としては面白いかもしれませんが、彼女にしたいと思う男性は少ないでしょう。

愛嬌がなく、一緒にいてつまらない

緊張や自信の無さからか、男性に対して笑顔を見せられない人もいますよね。

本当は仲良くなりたいと思っていても、なかなか自己表現できなくてモヤモヤしたり。

しかし、男性からするとそんな気持ちは分からず、第一印象としては「愛想がない」「つまらないのかな?」「嫌われてるのかな」と感じてしまいます。

稀に消極的だったり愛想がない女性でも彼氏はできますが、余程の美人でない限りなかなか難しいです。

仏頂面の天然美人よりも最強の愛嬌を持つ普通女子の方が、現実的に彼氏はできやすいのです。

男に媚びすぎている&ガツガツしている

ぶりっ子はいつの時代もある程度男性から人気で、多少のあざとさは彼氏を作る上では有効な手段です。

しかし、男性からしても「この子、男に媚びてるな」というのは案外バレバレ。

それをわかった上で可愛いと思われれば作戦成功ですが、反対に嫌悪感を持たれてしまう場合もあるので注意が必要です。

また、彼氏欲しいアピールが強くガツガツしている女性も、男性からすると敬遠されがち。

可愛いなと思った女性が男に媚びて彼氏がほしいと嘆いていたら「俺じゃなくても誰でもいいんだろうな。なんか軽そうな子だな」という印象を持たれ、付き合いたいと思われなくなってしまいます。

程よいアピールやあざとさは必要ですが、やりすぎには注意しましょう。

彼氏が欲しいのにできない…【女性の特徴】

彼氏が欲しいと思っていてもなぜかできない、そんな女性に多く見られる特徴というものがあります。

プライドが高く隙がない

自立していて強い女性はとても立派です。

しかし、これも度を越えると男性からは隙がない女性に見られ、なんとなく取っ付きにくさを感じさせます。

自立して仕事もテキパキ頑張る姿は長所ですが、恋愛に関しても強い女性の一面のみだと彼氏を作るのは難しいのです。

そんなときは、強い女性の側面をいかし、あえて隙を見せると効果的。

男性は女性からのお願いを叶えて喜ばれることを好みますので、そんな男性心理も活用すると良いですよ。

例えば、戸棚の上の荷物をとってもらったり、固い蓋を開けてもらうなど簡単なことをお願いし、叶えてもらった際には笑顔でお礼を伝えましょう。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、普段のギャップとも相まって、魅力的な女性らしさを感じさせるのです。

隙とは誰でもが持ってる弱さであり、人間的親近感や共感を感じさせるものでもあります。

そんな隙を意図的に見せることが出来れば男性との距離も近付きやすくなりますよ。

ファッションやメイクが男性を寄せ付けない

メイクやファッションは基本的には自由です。

するもしないも、楽しみ方も本来人それぞれであるべき、趣味嗜好の分野です。

しかし、彼氏が欲しいと思っているのにできない場合には、話は変わってきます。

人の魅力は外見のみで語れませんが、見た目による第一印象もまた心理的には無視できない大事なポイント。

要は、掴みを成功させなければその先の恋愛的発展は無いか長期戦になってしまいます。

例えば、同じお菓子をもらうにしても、剥き出しのままコロンと転がったお菓子よりも、個包装され丁寧にラッピングされた物の方が素敵に見えますよね?

それと同じで包装的演出力は、人の印象を操作させるのです。

普段は自分の好きな服やメイクを楽しみ、異性と会うときには男性ウケを意識したファッションに歩み寄るといいですよ。

ありのままを受け入れてもらおうとしすぎる

偽った自分を好きになってもらうのも間違いですが、反対にありのままを受け止めてくれる相手を探すのも間違いです。

ありのままの自分は、ワガママで我慢しない自分との表裏一体。

思いやりや歩み寄りは、生きていく上で必ず必要であり、それは恋愛面でも同様です。

「趣味と仕事でたまにしか会いたくないけど、会いたくなったら夜中でも彼氏に来て欲しい」そんな考え方では彼氏のみならず、友人すらもできにくいです。

自分の欲望を一切妥協できなければ、彼氏を作るのは難しいでしょう。

理想が高すぎる

目標を高く設定するのは向上心があり悪いことではありません。

しかし、それを他人である彼氏にも求めてしまうとなかなか彼氏はできなくなってしまいます。

また、自分が相手に対して高い理想を掲げる反面、相手からもあなたに対して高いハードルを掲げられてしまう可能性も。

人は完璧でもなければ万能でもないのです。

そのなかでも絶対に譲れない条件もあるでしょうから、条件は優先順位を決めて多くても簡単なもの3つまでにしておきましょう。

理想通りではなくてもその3つの条件をクリアしてる人と出会えたら、お付き合いできるように頑張ってみると良いですよ。

自然な出会いにこだわりすぎている

彼氏が欲しいと思っているのになかなかできない女性に、出会い方にこだわる人がいます。

自然な出会いとは、学校の同級生や職場での出会いです。

しかし、学校や職場での日常生活の中での出会いとは、限られた空間内でありやや閉鎖的な出会いでもあります。

最近ではマッチングアプリを通して結婚する人もいれば、街コンなども頻繁に開催されているのです。

せっかくの溢れたチャンスを自然な出会いにこだわって棒に振ってしまうのは勿体ないですよね。

暇つぶしや社会勉強がてら軽い気持ちでいいので、積極的に参加してみるのもおすすめですよ。

自信がなくて消極的

自信がないと人に対して積極的になれませんよね。

特に男性に対してはその傾向はさらに強まり、せっかくの出会いがあっても消極的過ぎる態度は出会いを次に繋げることはできません。

目を見て話せない、余裕がないから笑顔も少ないとなると、男性からしても「俺って嫌われてる?」「なんか感じ悪いな…」と、誤解されがち。

自信とは半分は思い込みです。

自信がない原因を自問自答しそこを改善する努力さえすれば、最悪結果が伴わなくても努力をした経験が自らの自信に繋がるのです。

例えば容姿に自信がなければコンプレックスをカバーするメイクを研究してみたり、プロのレッスンを受けてみたり、改善方法はたくさんあります。

彼氏作りのみならず、自信を持つことは自分を大切にするためにも必要不可欠ですので、自分を好きになれる努力をしてみるのもおすすめですよ。

趣味や女子会で満足してしまっている

趣味の充実や、話が弾む女友達がいることは人生を豊かにしてくれ、基本的には素晴らしいことです。

しかし、そこにあまりにも傾倒してしまうと、彼氏や恋愛などが入れる隙間がありません。

特に社会人となり仕事をしていると、ただでさえプライベートの時間はごくわずかになりますよね。

そこに趣味と女子会の予定が頻繁に入っていれば、物理的に彼氏を作ることも出会いを広げることもほぼ不可能。

趣味や女子会にかけてた時間やお金を、少しだけ彼氏探しに割いてみると、また新しい人生の喜びがみつかるかもしれませんよ。

男性からのリードやエスコートを期待しすぎている

彼氏ができない消極的な女性のなかには、自信がないわけではない人もいます。

その場合は、男性から声をかけて欲しいし食事やデートの際にもエスコートして欲しいお姫様願望が強いことも。

もちろん、男性のなかにはスマートにエスコートをしてくれる人もいますが、年々そんな男性は減っていますしそれができる男性は常にモテる女性と付き合っているものです。

壁の花として立っているだけで男性が声をかけてくれるのならば、とっくに彼氏もできてますし悩む必要もありません。

男性のエスコートを待って彼氏が出来ないのならば、考え方を変えて自分がリードする気持ちでデートをセッティングしてみるのも良いですよ。

彼氏が欲しいのにできない…【改善方法編】

彼氏が欲しいと思っているのにできない場合は、改善策が必要です。

今すぐできる簡単な改善方法をご紹介します。

人との縁を広げに行動する

彼氏が欲しいと思ってもお店で物を購入するのとは違い、一朝一夕で出来るものではありませんよね。

彼氏を作るための人脈は最短距離を狙うよりも、やや遠回りながらも浅く広い関係が実は有効。

合コンや街コンでタイプではないけど良い人そうな男性が居た場合、その男性の友人に運命の相手がいるかもしれません。

類は友を呼ぶというコトワザがある様に、気の合う男性の友達もまた、あなたと気が合う可能性が高いのです。

まずは人間関係の人脈を広げ、友達100人出来るかな?ぐらいの軽い気持ちでフットワークを軽くしてみましょう。

無駄な付き合いや人間関係の中に、キラリと光る一粒の縁があるかもしれませんよ。

他人の良いところを見つけるように心掛ける

彼氏ができない人のなかには、つい相手を厳しくチェックしてしまう人もいます。

いわゆる理想が高すぎる人です。

しかし、人間は誰しも多面的な部分があるため早計に悪いところだけチェックしてしまうのは、やや勿体ないことも。

友達として付き合っていくなかで相手のいいところが分かってきたり、自分にはない長所を持っていることに気づいてくることもあります。

これは彼氏作りのみならず今後の人間関係を築く上でも役立つので、悪いところよりも良いところを探すクセをつけてみるのもおすすめですよ。

「とりあえず付き合ってみる」精神も時には必要

まず、誰かれ構わず出会ってすぐの男性とでも付き合えというわけではありません。

しかし、恋に慎重すぎる姿勢もまたベストとは言いがたいということ。

石橋を叩かず走り渡れとは言いませんが、石橋を叩いても渡らなければ何もしなかった事とおなじですよね。

ある程度見極めてみて悪くない人と付き合えそうならば、とりあえず付き合ってみながら更に見極めるという手段もあるのです。

この人しかいない!とのろけて結婚したはずの女性があっさり別れることもあるように、逆に付き合ってみると案外気があったり予想以上に好きになれる可能性もあります。

何事も想定外なことはよくも悪くも起こりますので、思ってたよりもしっくりくる相手の可能性もありますよ。

周囲に「彼氏がほしい」と素直にアピールする

「ガツガツしてると思われたくない」「焦ってると思われたくない」そんなプライドは捨ててしまいましょう。

彼氏が欲しいと思ってる同じ女性の中で、素直に彼氏が欲しいアピールをしたり好意を伝えられる女性の方が、実際に彼氏が途切れない率が高かったりしませんか?

あつかましく紹介をせがんだり合コンをセッティングしてもらおうと必死にお願いしろというわけではありません。

むしろ強すぎるアピールは下品にうつり、友達からの紹介を遠ざけてしまう危険もあります。

要は周囲に「自分は今彼氏がいないけど、欲しいと思っている」ことさえ伝わればよいのです。

「合コンとかあったら声かけてくれたら嬉しいな」「良い人いたら一度みんなでご飯でも食べに行きたいね」など、軽いアピールが効果的ですよ。

好みのタイプを広めに設定し、好きになる力を上げる

異性の好みのタイプはまさに人それぞれ千差万別なため、他人からあれこれ言われて変わるものでもありません。

それでも、何故か彼氏が途切れない女性の共通点のひとつとして「惚れっぽさ=好きになる力」が高いことが挙げられます。

惚れっぽいことが一概に良いこととは言えない側面もありますが、彼氏を作る上では有利に働きやすいのは事実です。

前述した良いところを探すクセがつくと、自然と好きになる力も上がっていきます。

異性のストライクゾーンが狭く深い人よりも、浅く広くでもゾーンが広い女性の方が恋愛はしやすいです。

また、付き合っていくうちに理想と現実を知れて、本当に自分にあった異性のタイプが徐々にクリアになっていくメリットもあります。

まずはストライクゾーンは広くざっくりと設けておくと、彼氏ができる可能性も広がりますよ。

彼氏ができない理由がわかれば改善あるのみ

彼氏が欲しくてもできない理由は様々です。

本人の性格や思考の理由や、男性視点からの理由など複合的に絡み合った結果、彼氏ができにくいループが生まれているのです。

しかし、何事もまずは自己認識からで、理由がわかれば改善方法を実行するだけです。

ほんの少しだけでも意識して言動やファッションを変えてみるだけでも、男性のリアクションは変わってきますよ。

是非自分に合ったアピール方法を見つけて、素敵な彼氏を作って下さいね。

-恋愛

Copyright© Wonderlyfe , 2020 All Rights Reserved.