男性心理

イライラする!私にだけ意地悪する人の男性心理と簡単対処法

いじわるする男性心理に不安な女性

どうして私にだけ意地悪をするの?

職場や学校で意地悪をしてくる男性がいると、それだけで嫌な気分になってしまうものです。

他の人にも同じように意地悪をしているのであれば、まだ納得できますが、その対象が自分だけとなると、イライラしてしまうでしょう。

わざと困らせてきたり、仕事の邪魔をしてきたりと、それが毎日続けばストレスを感じてしまいます。

何の対処もせず、放置していれば、さらに意地悪がひどくなる可能性もあるでしょう。

そこで今回は、意地悪をする男性心理や、簡単にできる対処法をご紹介していきたいと思います。

意地悪をする男性心理4つ

意地悪する男性は、どういうつもりでそのようなことをしてくるのか気になるところです。

実は意地悪する男性の心理は、好意的なものもあれば、その真逆の敵意があることもあります。

意地悪をする男性心理を知ることができれば、対処法も見つけやすくなるため、ちょっかいをかけてくる男子が何を考えているのか、しっかり把握しておきましょう。

好意があるからこそ意地悪をする

「好きだから意地悪をする」とよく言われますが、実際に好意という心理によってイタズラをする男性は多く存在します。

好きな人に対して、意地悪をしてしまえば、その人から嫌われてしまう可能性もあるため、なぜ真逆の結果を伴う行動をするのか、疑問に思う人も多いでしょう。

しかし意地悪をすることで、男性が得られるメリットはたくさんあります。

まず1つ目は、好きな人と会話することができるということです。

意地悪をすれば、あなたは嫌な気持ちになるかもしれませんが、何かしらのリアクションを取るでしょう。

なかには、笑顔を見せる人もいるかもしれません。

そのようなあなたのリアクションを見たり、会話できるということに味を占め、何度も意地悪をしてくるのです。

そしてもう1つ、好きだという気持ちを隠すために、意地悪をする男性もいます。

好きという気持ちがありながらも、それを誰にもバレたくないと思っている男性は、それを否定するかのように意地悪をするのです。

女性からすれば迷惑な話ですが、男性としてはあなたへの好意を示しているに過ぎません。

今後も意地悪が続く可能性があるため、注意しておきましょう。

コミュニケーションをとる手段

コミュニケーションをとる手段として、意地悪をする男性も存在します。

この心理も好意が原因となっている人と同じように、コミュニケーションを目的としているのですが、そこには必ずしも「好き」という感情があるわけではありません。

単純に上司や同じ職場の人間として、あなたと仲良くなりたいと思っているのです。

そこに好意はなく、人間関係を作る手段として、男性は意地悪をしています。

相手が上司や職場の同僚ということであれば、あなたがむやみやたらに怒ることもできないでしょう。

その結果、笑顔を向けたり、好意的な反応をすることになりますが、それにより、相手はコミュニケーションを取れていると勘違いしましまいます。

昔からこのような手段で人とコミュニケーションを取ってきた人は、大人になってからも同じことを繰り返すものです。

悪意がない分、エスカレートする可能性が高いため、注意しておきましょう。

嫌がられると快感を得られる

意地悪をされれば、嫌がる人も多いと思いますが、それを目的としてこのような行動を取る男性もいます。

あなたが嫌がる反応を見たいという男性心理です。

意地悪をされ、嫌がる反応をしたのに、反論をしないということは、そこに上下関係があることを示しています。

プライドが高かったり、承認欲求が強かったりする男性は、上下関係を実感することで、プライドや承認欲求とという心理を満足させます。

だからこそ、あなたが嫌がる反応を見て、心の底から楽しむことができるのです。

人間的にだいぶ問題のある心理ですので、一度、ターゲットになってしまうと、しつこく付きまとわれます。

心を病むほど、大きなストレスとなることもあるため、注意しておきましょう。

心の底から嫌っている

意地悪をする人の中には、あなたに好意を持っている人もいますが、それとは逆に悪意を持っている人もいます。

つまり、あなたのことが嫌いだから、意地悪をするのです。

意地悪をするほど人を嫌いになる原因は様々ありますが、多くの場合、何か心当たりがあるでしょう。

過去に言い争いをしたり、性格的にどうしても合わなかったりするということです。

しかしそのような心当たりもないのであれば、嫉妬されていることが原因かもしれません。

あなたのほうが仕事で結果を出していることや、上司からチヤホヤされていることで、意地悪をするのです。

特に男性よりも仕事ができる女性は、このような嫉妬心により、意地悪をされてしまうことがあるため、注意しておきましょう。

意地悪をする人への対処法4つ

意地悪をする人の心理を知れば、おのずとそのような人への対処法も見えてきます。

自分一人で解決できることもあれば、人を頼らなければ解決できない場合もあるため、これから紹介していく対処法の中で、自分の状況に合った対処法を実践してみましょう。

本当に嫌な気持ちになっていることを伝える

好意を持っている男性や、コミュニケーションを目的として意地悪をしてくる男性に対しては、本当にあなたが嫌な気持ちになっていることを伝えると良いです。

この2つのパターンの場合、あなたに嫌われたくてそのような行動をしているわけではありません。

そのため、あなたの本心を教えてあげれば、意地悪な行動を控えてくれるようになります。

本当に嫌な気持ちを伝える方法として、一番良いのは、真面目に怒るということです。

軽く注意するくらいだと、冗談と受け止められてしまう可能性があります。

そのため、真顔でその人に対して、

「やめてください」
「毎日毎日、不愉快です」

と伝えましょう。

そうすることで、あなたの本心が男性に伝わります。

上司や先輩から注意してもらう

悪意や自分の心理を満足させるために意地悪をする男性の場合、上司や先輩から注意してもらうという対処法があります。

いくら相手があなたの上司であったとしても、そのさらに上司の言うことは聞かなければなりません。

さらに、それが社内で問題となる可能性もあるため、注意されれば、意地悪な行動も控えるようになるでしょう。

しかしこの対処法の一番の問題は、意地悪をしてきた人との関係が悪くなってしまうことです。

もしもそれが直属の上司で、今後のことを考えれば、関係性を良く保っておきたいということであれば、他の対処法を実行しましょう。

それが気にならなければ、効果の高い対処法ですので、実践してみてください。

意地悪する人の好きな人を味方にする

意地悪する男性との関係性を悪くすることなく、対処する方法もあります。

意地悪する人の好きな人や気に入っている人を味方にするという方法です。

意地悪する人はあなたには嫌われて良いと思っているでしょうが、社内や学校内に嫌われたくないと思っている相手もいるでしょう。

そのような人と仲良くなり、意地悪されていることを相談するのです。

こうすることにより、意地悪する男性の行動は、嫌われたくない人に筒抜けになります。

その結果、意地悪する人がその人との関係性を悪化させないために、意地悪をやめるようになるのです。

できるだけ関わらないようにする

意地悪する男性とできるだけ関わらないようにするというのも、1つの対処法です。

できるだけその人に近付かないようにして、会話をすることも避けましょう。

その人が近付いてきそうになったら、すぐにその場を離れ、極力、接触を避けてください。

また、会社であれば、異動届けを出して、今後、一切の関わりを断つという手段もあります。

どうしても意地悪に耐えられないのであれば、このような手段も選択肢の1つとなるため、考えてみましょう。

【まとめ】意地悪する男性心理によって対処の難しさが変わる

男性がする意地悪は、多くの場合、好意という心理があるものです。

好意が原因で意地悪されているのであれば、対処としても簡単ですので、すぐにも実践してみましょう。

ただ、悪意がある場合は対処も大変です。

今後のことも考えた上で、自分にとってベストな対処法を実践してください。

-男性心理

Copyright© Wonderlyfe , 2020 All Rights Reserved.