ふるまい

本気で好きになったときだけ現れる態度を男性心理から徹底解明

レストランで好きな女性と見つめあう本気の男性

本気で好きでいてくれているか不安・・・。

大好きな人と付き合うことができれば、それだけで人生は楽しくなりますよね。

しかし恋愛は楽しいだけではありません。

様々な不安や恐怖を抱いてしまうこともあるものです。

恋愛に関しては多くの悩みがありますが、彼氏が自分のことを本当に好きでいてくれているのか、不安になってしまうことが悩みだという人もいるでしょう。

女性の立場からすれば、男性の心理や本音はなかなかわからないものです。

そこで今回は、男性が本気で好きになったときだけ現れる態度を、男性心理から徹底解明していきたいと思います。

これを参考にして、彼氏の本当の気持ちを探ってください。

本気で好きになったときの7つの態度|男性心理から見抜く

男性が本気で女性を好きになったときの態度には、男性心理が色濃く反映されます。

わかりやすく態度に出るものもあれば、愛情だと気付きにくいもの、そしてなかには、愛情があるからこそ発生する嫌な心理もあるものです。

不可思議な男性心理を知ることで、本気で好きになったときの態度がわかるようになるため、どんな男性心理があるのか、しっかり学んでいきましょう。

嫌なことや苦手なことをする

本気で男性が好意を持ったとき、自分よりも相手のことを優先するという特徴があります。

なぜ相手を優先するのかというと、自分よりも相手に何かをしてあげることで、男性は幸せを感じるからです。

与えることで満たされる心理は、男性だけが持つ心理ではありません。

女性にもある心理です。

しかしこの心理を持つ人の多さでいえば、男性のほうが多く、さらに女性よりも強いという特徴があります。

相手に何かを与えれば感謝されるでしょう。

それにより、自分という存在を認められたと感じるため、好きな人の気持ちを優先するのです。

そしてこの心理が顕著にあらわれるポイントがあります。

相手は求めているけれど、それが男性にとっては嫌なことである場合です。

たとえば、彼女が元カレから嫌がらせを受けているとしましょう。

もしも男性が温厚で喧嘩などしたことがない人の場合、そのようなトラブルに巻き込まれることを嫌がります。

しかし嫌な気持ちがあっても、彼女のために行動できるのであれば、本当に愛情があるということです。

もしもこのようなときに、自分の嫌だという気持ちを優先して、行動してくれないのであれば、本気で好きとは言えません。

面倒なことのはずなのにやってくれたり、忙しいはずなのになんとか時間を作ってくれたり、ということがあれば、本気で好きということになるため、これを基準に判断しましょう。

何気ないときにも笑顔

本気で好きな人と一緒にいる時間は、それだけで幸せなものです。

恋愛感情が相手の場合、楽しいことがあれば笑いますが、何も会話していなかったり、話が面白くなかったりすれば、楽しいとは思わないでしょう。

そのため、常に笑顔ということはありません。

好きな人と一緒にいる時間は、それだけで楽しいものです。

面白いことがなくても、幸せを感じられるため、面白くない会話であっても、微笑みながら話を聞きます。

その結果、笑顔が多くなるのです。

一緒にいるとき、相手の男性がなかなか笑わなかったり、仏頂面だったりする場合、本気で好きな可能性は低くなるため、これを基準にして本気度を判断しましょう。

会話を覚えている

過去の様々な出来事の中には、忘れてしまったことと、いつまでも覚えていることがあります。

それらを比較したとき、忘れていることは何も感情が動いていないこと、覚えていることは感情が強く動いたこと、という明確な違いがあるものです。

そのため、本気で好きな人は、あなたの発言や過去に言ったことを、しっかり覚えています。

一語一句、記憶するのは難しいですし、本当に何気ない会話であれば、覚えていないのも無理はありませんが、あなたの好みや性質に繋がる情報であれば、しっかり覚えているものです。

あなたの好きな色や、欲しい物などの話をしたとき、本気で好きな人であれば、そこで感情が動きます。

「いつかプレゼントしてあげたい」
「喜ばせてあげたい」

と思うからです。

それはまさに、あなたに感情があることを示しているため、記憶の量によって、本気なのかどうかを見極めましょう。

嫉妬する

本気で好きな人に対しては、嫉妬という感情が湧くものです。

嫉妬という感情が湧くことにより、カップルの関係が悪化してしまうこともあるため、これ自体はあまり良い感情とはいえません。

しかし好きだからこそ、人は嫉妬するものです。

そのため、嫉妬という感情があることが、本気で好きな証となります。

相手の男性から束縛されたり、会っていない日に何をしていたか、しつこく聞かれたりするのであれば、本気で好だということです。

嫉妬されることが嫌になることもありますが、あなたを独占したいという本気の愛情がある証拠でもあるため、そこを疑う必要はありません。

失敗を誤魔化したり隠したりする

彼氏があなたの前で、失敗したことを誤魔化したり、隠したりする場合、それが本気の証拠となる可能性もあります。

男性は好きな人の前で、かっこいい自分でいたいと思います。

そのような自分になることで、あなたから好意を得られると思っているのです。

あなたに好かれる自分でありたいという思いは、愛情がある証拠でしょう。

そのため、失敗したことを笑い話にもせず、あなたにバレないように隠す行動を取ったら、あなたのことを本気で好きということになります。

時間をかけて口説く

まだ付き合う前に、相手が本気で好きなのかどうか確認するためには、時間をかけて口説くか、という点を見ておくと良いです。

本気で好きという感情が湧くと、それと同時に恐怖心も湧いてきます。

「相手に嫌われたくない」という恐怖心です。

この恐怖心は好きだからこそ湧いてくるため、これがあるかどうかを見極められれば、本気で好きなのかどうかもわかるのです。

相手を本気で好きになり、恐怖心が湧いてくると、嫌われないために様々な面で慎重になります。

特にアプローチの仕方に大きく変化が出てくるものです。

嫌われないように少しずつ距離を近づけていき、確実にあなたの心を掴むための行動をしてきます。

それはまさに、あなたに嫌われたくないという思いがあるということでしょう。

そのため、時間をかけて口説く男性の場合、本気で好きという感情があるということになるのです。

相手の好みに合わせたデートをする

相手の好みに合わせたデートをするかどうかということも、相手の本気度を見分ける指標となります。

デートをする際に、男性が自分がやりたいことや、自分の趣味に関するデートをする場合、これは本気で好きとはいえません。

そこには「自分が楽しみたい」という感情や、「自分をよく見せたい」という感情が含まれているからです。

好きであることに間違いはないかもしれませんが、本気というよりは、少し軽い愛情となるでしょう。

本気の愛情があれば、「相手を喜ばせるデートがしたい」と思うものです。

自分の好みではなく、相手が好きなことや、喜んでくれそうなデートをするようになります。

そのため、デートの趣味嗜好が自分本位なものか、相手のことを考えたものなのかで、本気なのかどうかを判断してください。

【まとめ】男性の言葉に惑わされないこと

本気で好き人の態度を男性心理から紹介してきましたが、一番大切なのは、言葉に惑わされないということです。

本気で好きではなく、遊び程度にしか考えていない男性ほど、愛情表現をしたり、ロマンチックな言葉使ったりして、あなたを口説こうとしてきます。

しかしそれは目的を達成するための嘘です。

男性心理を理解していれば、態度や行動から、本音を探ることができるようになるため、言葉に惑わされず、男性の本気度を見極められるようになりましょう。

-ふるまい

Copyright© Wonderlyfe , 2020 All Rights Reserved.